運動前の「ストレッチ」は怪我をしやすくなり、パフォーマンスを下げる? 〜ストレッチの罠〜

July 28, 2015

運動前の「ストレッチ」は怪我をしやすくなり、パフォーマンスを下げる?

〜ストレッチの罠〜

Does your stretching exercise really work?

 

少し前にNHKで

 

「ストレッチ」をすると怪我しやすくなり、

パフォーマンスが落ちる? 

 

と放送され話題になりました。

 

ストレッチは、特定の部分を伸ばすことを狙うため、その周囲の箇所を固定します。

結果、体のコーディネーション(連動性)が壊れがちです。

現場ではまだまだストレッチが体にいいものと推奨されていることも多いようですが、

手放しで薦めるのは危険です。

 

このようなことを従来から主張している、トレーニング理論もいくつもあります。

たとえば、「骨ストレッチ」です。

 

今後、様々な方法論も、ご紹介していきますね〜

 

ホームページ:

http://hone-st.info/

 

FBのファンページ:

https://www.facebook.com/pages/%E9%AA%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81/243700652329629

 

 

Please reload

Featured Posts

ピラティスが変わる!-Pilates Class with the skeleton

January 11, 2014

1/2
Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us
Please reload

Search By Tags
Please reload

Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

All rights reserved by 21世紀にふさわしい骨格模型製作委員会

〒145-0073 東京都大田区 北嶺町 8-15 レジデンスS 101

📩 clinic@ninja-anatomy.jp

☎️ 03-6425-9622