大型アップデート

​骨盤・大腿骨

3Dデータ作成にあたっては解剖学書の『骨単』シリーズの著者・原島広至氏の監修の元で行われました。氏の所蔵している実物の標本を1つ1つ、高精度の3Dスキャナでスキャンさせて頂きました。

 

そして、その詳細なデータの実現には、世界最高峰の金型技術を誇る株式会社秋東精工が取り組みました。

 

また本物の質感を持ち、軽い、という要求を満たす素材の実現には、群馬大学の黒田真一先生から協力をいただきました。

改善1 金型による成形で、1mm以下の凹凸を再現

1. 背骨の仕組みや動きがリアルに分かる。改造をやっていく中で、

背骨の形と動きがよくわかり、この方向には動かないな、等、

が体感できます

 

2. 自分で改造を施すと、愛着が格段に増します。また、

 背骨がつながると、本当に生々しくリアルな模型になり、

 愛着が増します。ドキドキします

 

3. 現場で外れたりした際、自分で修理できるようになります

 自分の使い勝手のいいように調整できるようになる

 

デメリット:

1. 小さな穴(0.7ミリ)が各椎骨に2つづつあきます
(傷も、生きている歴史と捉えるか、やはり綺麗な骨がいいと考えるか人それぞれ・・・)

 

2. お金と自分でやる手間がかかります。

(自分で改造をした方は、以前より愛情が湧くようです)

《背骨澤口モデル改造会》

場所・地図:お申し込みの方にメールを差し上げます

料金:6,000円(実費のみ。内訳は後述)

定員:各回先着10名程度まで

講師:コンラッド・ユーキ・フッテル

お申込み:近日発表

お申込み締め切り:開催日から2週間前まで

お支払い:事前に下記にお振り込みください

 

芝信用金庫 御岳山支店

(普)0020960 名義:ド)ダイコウリュウジダイ

(合同会社大航流時代)

 

持ち物:

・新聞紙

・ゴミ袋(コンビニ袋程度の大きさで十分)

・忍耐

・解剖学の専門書等(お持ちの方のみ)

・バンドエイドと消毒液(指を刺した時のため。必要な方のみ)

Frequently Asked Questions

 

Q1: 不器用ですができるでしょうか?

=> 手取り足取りご指導させていただきますので大丈夫です。作業時間内に終わらなければ、

こちらでお預かりして仕上げます。

Q2: 時間内に終わるでしょうか?

=> 講習時間は9:30~17:30です。早く終わる可能性もありますが、丁寧にやるほど際限なく(は言い過ぎですが)時間がかかります。終わるようにお手伝いしますので、ご安心ください

 

Q3: 今月は参加できませんが・・・

=> 来月以降にも開催していきますので、タイミングの合う時にご参加下さい

 

Q4: 東京以外でも開催する予定はありますか?

=> なるべく様々な地域で開催していきたいと考えています。お早めにご相談ください