Online Zoom Study

小林敏彦さんプロフィール

東京理科大学卒業 


株式会社 クボタ 入社後にスーパーコンピュータ部門に出向、コンピュータグラフィックスや、バーチャルリアリティの日本の黎明期を支える。

 

2000年に総務省 通信総合研究所(現NICT)に特別研究員として出向、未来のインターネット社会後に必要とされるオンラインコラボレーション型のビジュアルシステムの研究に従事。成果をドイツと中国で発表。

 

2002年にIT企業マネージャーのまま工学院大学 非常勤講師を兼務。コンピュータサイエンスの年間授業を5年間担当。現在もバーチャルリアリティ(VR・AR)応用のアドバイスなどを行っている。

現在はセミナー開催支援やオンラインセミナー開催を主とする企業の代表取締役を務める。

 

テクノロジー担当としてホームページやfacebookプロモーションに加え、イベントのITサポートを行い、音声のみによるものも含めれば、オンラインセミナーは累計400回開催。参加者はのべ2万人を超える。

 

その間に海外、国内の様々なオンライン会議ツールの調査も行い、メリット・デメリットを知り尽くす。

ZOOMについては、2015年より試験的に使い始め、ZOOMを活用したオンライン会議システムの導入と活用に成功100人規模のウェビナー、60人規模の対話型ワークショップなどを定期的に開催している。